ssn めんこい庵(十割ソバ)

「年越し蕎麦」の由来

年越しそばの由来

大晦日に食べるそば。
現代も歳末の風物詩になっているが、江戸時代から庶民の間に定着をみた食習慣となっている。
その由来については次のような諸説がある。
別名「歳とりそば」、「大年(おおとし)そば」、「大晦(おおつごもり)そば」、「大晦日(おおみそか)そば」

(1)鎌倉時代 博多の承天寺で年の瀬を越せない町人に“世直しそば”と称して、そば餅を振舞っ  たところ、翌年からみな運が向いてきたため、大晦日に「運そば」を食べるならわしが生じたという。
「福そば」「運気そば」とも言う。

(2)室町時代 関東三長者の一人、増淵民部が毎年の大晦日に無事息災を祝い「世の中にめでたいものはそばの種、花咲き実りかどがおさまる」と歌い、家人ともども「そばがき」を食べたのが起こりとする世間ではこの長者にあやかって、福禄寿を願う心から、それに倣ったという。三角(みかど)縁起説。
  三角縁起説には他にソバの実は三稜(みかど)なので、食べると夫婦と子供の関係(三角・みかど)が治まるとされたという。
  さらに、帝(みかど)の御代が無事治まりますようにとの願いを込めたともいわれる。 
      
(3)そば切りは長くのびるので、延命長寿や身代が長くのびるようにと願う形状説、「寿命そば」、「のびそば」ともいう。
逆にそばは切れやすいから、旧年の労苦や災厄をきれいバッサリ切り捨てようと「縁切りそば」、「年切りそば」、あるいは一年中の借金を打ち切る意味で、「借銭切り」、「勘定そば」、といい、必ず残さずに食べなくてはいけない。
従って縁起をかつぐ地方では太く長かれと「運どん」(饂飩(うどん))を食べる。

(4)金銀細工師が散らかった金粉を寄せるのにそば粉を使うため、金(きん)を集める縁起ではじまった。
元禄のころ、関東に三長者がいた、その中の一人、東金茂右衛門家では毎月の晦日に家内中にそばを振舞い、もちろん大晦日には念入りに行った。
   東金家は金銀の細工師で、とび散った金銀の粉を集めるのにそば団子をころがして吸い集め、これを水に放つと、そば粉はとけて金銀の粉は底に溜まるのでで拾い集めたという。
   世の人この長者あやかるために、晦日そばに親しむようになったという。

(5)『本朝食鑑』元禄10年(1697年)に「蕎麦は気を降し腸を寛(ゆる)くし、能(よ)く腸胃の滓穢(しわい)積滞を練る」とあり、新陳代謝により体内を清浄にして新年を迎えるというそば効能説。
ネギを添えるのも、清め祓う神官の禰宜(ねぎ)に通ずるからだという。

(6)ソバは少々の風雨に当たっても、翌日陽がさせばすぐ起き直る。それにあやかって、来年こそはと、捲土重来を期して食べるという。
また、旧年を回顧し反省する「思案そば」もある。

  百人のそば食う音や大晦日 
       蕎麦切のまず一口や年忘れ 
           闇をこねる歟(か)大年の蕎麦
                蕎麦うちて鬢白し年の暮れ(鳴雪)
                     行く年よ我未だ蕎麦を喰い了えず(鳴雪)
                          呵呵大笑伸びるもよし寿命蕎麦(蒼梧)

<参考文献> 
    蕎麦の事典 新島繁編著、蕎麦辞典植村路郎著、柴田書店刊「そば・うどん百味百題」他
[PR]
by ssnmenkoian | 2009-12-30 01:52 | 蕎麦あれこれ | Comments(2)
Commented by フラダン at 2009-12-31 14:59 x
年越し蕎麦の由来や蕎麦に関する俳句などとても興味深く読ませて頂きました、ありがとうございます。
又時々のそば打ち参加の私でも気持ちよく迎えてくださった
お蕎麦の会の皆様には感謝です!、大変お世話になりありがとうございました、又来年も宜しくお願い致します。
Commented by ssnmenkoian at 2010-01-02 22:03 x
フラダンさん、フラダンさんが蕎麦打ちにおいでになるときれいな花が咲いたように明るくなります。どうぞ今年もお暇の時には是非是非蕎麦打ちにおいで下さい。お待ちしております。